症状を改善させるために

なぜ胃液が逆流してしまうのか?

胃のイラスト

胃液は本来胃から外に出ることはありません。しかし、胃酸が過剰に分泌されてしまったり、コーティングされているはずの胃粘膜が減ったりしてしまうと逆流してしまうことがあるのです。胃酸の過剰分泌を促してしまう、ガストリン分泌が起こることがその原因です。また、加齢によって胃粘膜は減ってしまうので、年齢を重ねるごとに胃液が逆流する可能性が高まるのです。

逆流性食道炎を知る基本のQ&A

逆流性食道炎に見られる症状を教えてください。

逆流性食道炎にかかるといろいろな症状が引き起こされますが、一番辛い症状と言われているのが胸焼けと呑酸。二日酔いのときも感じるような焼けるような胸焼けやゲップと同時に吐き気が出てくるのが代表的です。そのほかにも胸の痛みや長く続く咳、不眠症なども逆流性食道炎の疑いがあります。

胃に関する他の怖い症状とは何ですか?

日本人は胃にピロリ菌を保有している人が多いことから、逆流性食道炎以外にも気をつけるべきものがあります。特に過敏性胃腸炎下痢や便秘を繰り返す一番辛い病気でしょう。この他にもバレット食道という病気があり、逆流性食道炎と間違えられやすい病気でもあるため医師の診断が必要とされます。

「生薬」は胃のケアに役立ちますか?

市販の薬にも生薬を利用したものがあるので、医師と相談をした上で利用するようにしましょう。逆流性食道炎に効果がある生薬としては、桂皮や茴香といったものがあります。桂皮は胃酸の過剰分泌を抑えるのに役立ちますし、慢性的に胃の炎症に悩まされている人にも効果的です。

逆流した胃液が刺激になる

逆流性食道炎の症状は、基本的に逆流した胃液が元で起こります。そのため、本来上がってこない胃酸が喉の神経を刺激し声をからしてしまうことや食べ物が飲みこみにくくなることがあります。こうした症状が結果的に栄養摂取の妨げとなり、他の病気を引き起こすきっかけとなるので十分注意をしておきましょう。