ストレスからの影響は絶大

逆流性食道炎とストレスの関係

お腹を抱える男性

胃痛や胸焼けを伴う逆流性食道炎は、ストレスが原因となり引き起こされることを知っていますか?これは、ストレスが自律神経の働きが関係するのが原因で、自律神経のバランスが崩れることで心拍・循環機能・消化などの機能も低下します。特に逆流性食道炎の場合は、胃酸過多の影響を受けるため胃に負担をかけることになります。そのため、過度なストレスは逆流性食道炎の治療の妨げとなるのです。

治療をしているときはストレスを避けよう

笑顔の男性

薬などを服用して逆流性食道炎の治療をしているなら、ストレスはできるだけ避けるようにした方が良いです。ストレスを避けるためには、まずしっかり睡眠をとることが大事です。寝不足だとそれだけで精神面に大きなストレスがかかります。脳は眠ることで休息をしますが、寝不足が続くと精神的に不安定になってしまいます。それが逆流性食道炎を悪化させる原因となるので気をつけましょう。

寝る方法と筋肉を緩める方法がある

男性

お腹がいっぱいになると眠れなくなりますので、腹八分目で夕食は済ませることが大事です。逆流性食道炎になると不眠にも悩まされてしまいますので、対策が必要になります。身体を温めるのも不眠を解消する良い方法です。ぬるま湯につかってから寝ると良いと言われていますが、あまり熱すぎるお湯だと逆効果です。身体が凝っていると眠りにくいので、ストレッチなどで身体を柔らかくすることも有効でしょう。

身体にきつくない服を着ることで胃液の逆流が防げました

胃液が逆流して治療していたとき、ネットにあったアドバイスで、「お腹を締め付けない服を着たり、姿勢を保つことが大事」という口コミを見て実行してみました。前かがみにならないように気をつけて、タイトな服よりも少しゆるい服を着ることで症状が改善しましたし、ゆったりした服装でリラックスできたのも良かったです。

寝るときの体勢は腹部より上の部分を低くしないようリラックス

いつも仕事で仮眠をとるとき、机の上に座ったまま寝ることがありました。そのときは睡眠関連胃食道逆流症が起きなかったのです。それから夜眠るときも工夫して、枕を背中に当てて腹部と平行にならないように眠るようにしたのです。すると辛い逆流が起きず、ぐっすりと眠ることができましたよ。

湯船に浸かることとストレッチがおすすめ!

昔はシャワー派でパパッと済ませて寝るタイプでしたが、逆流性食道炎の治療を受けるようになってから生活習慣を変えました。特にお風呂はゆっくり湯船に浸かってあたたまるようになりましたし、終わった後もストレッチして体をリラックスさせています。おかげで冷え性も改善されましたし、睡眠の質も上がりましたよ。

胃酸の分泌を抑えるための薬もオススメ

ストレス対策とともに必要なのは胃酸のコントロール。クリニックでよく使われているのは胃酸の分泌抑制薬である「PPI」です。食事や生活改善などで改善に至らなかった人であっても、この薬剤によって大きな効果が得られるでしょう。その他には腸管の蠕動運動が活発になるので腸の動きを改善するための薬も有効です。

症状が辛い時は手術も視野に入れておこう

逆流性食道炎の症状が長くなるとストレスになることもあるでしょう。この時、「早く治したい」「精神的に治療が長く続くと辛い」という人には手術が適応されます。医薬品以外では生薬を試すこともできますので、自分のライフスタイルに合わせて治療方法を選択することが望ましいです。